トップ(銅スクラップの買取価格)銅スクラップの販売先と炉(精練)までの流れ 銅スクラップに関する解説 scrap-dealer.net

最新の仮定銅建値計算値

銅スクラップの販売先と炉(精練)までの流れ - 銅スクラップ買取の解説

銅スクラップを集めた後は、当然それを販売しないと仕入費が回収できない。
市中で銅屑を集めている小規模な者はスクラップ屋に売り、現金を手にするが、それらの者から銅屑を買い取ったスクラップ業者は、一部を除き、自分で炉を持ち精練しているわけではなく、他へ売っている。

一つは輸出(海外への販売)。
銅スクラップの輸出先でも書いたが、中国が圧倒的。
下銅などの銅の含有が少ない銅屑や、銅を取り出すのに手間のかかる銅屑(モーター屑や雑品など)は、中国に輸出される。
どうしても人力での分別や解体が必要になるような銅屑の場合、日本国内では人件費的に合わないためだ。
2005年頃は金属価値の低い雑品を求め、中国への輸出が盛んに行われたが、現在は価格も下がって落ち着いている。
雑品の輸出が始まった当初の業者は、相当儲けただろうね...
輸出は売却費用の回収が遅く、また、円相場の影響を受けやすいという難点がある。
なお、輸出後には消費税の還付がある(返ってくる)。
これは「消費税は国内で消費されるものに課税する(外国で消費されるものには課税しない)」ためだ。

次に国内業者。
といっても、スクラップ屋が炉に直売することは少なく、スクラップ屋→スクラップ屋→...→炉という形で、間に業者が入るのが大半。
昔は直納(直接納品)するのが多かったが、これはスクラップ屋が少なかったため。
小規模でも直納にしないと、炉から見ると、納品してくれるスクラップ屋が足りないためだ。
しかし、現在のようにスクラップ屋があふれている状況では、全てを直納にすると業者が多くなりすぎ、管理できない。
また、昔のスクラップ屋とは異なり、ただ集めるだけで銅屑の質を確保しない業者が増えたので、そんなところからは仕入れられないこともある。
間に業者が入ると、当然いくらかカネを各々が取る。

例えば、以下のような流れがあったとする。

個人Aが550円で仕入れた銅屑を、業者Bが600円で買い取り、業者Cに630円で売る。
業者Cはそれを業者Dに650円で売り、業者D(直納問屋)は、それを炉に660円で売る。

上(炉)から見ると、間に入る業者が増える毎に、末端での買取価格は下がる。

上の例の場合、人件費などを除いた粗利は、

・個人A:50円
・業者B:30円
・業者C:20円
・業者D:10円

となる。

これは説明のための値であり、数値は実際のものではないが、上に行くにしたがってこの値は下がる傾向だ。
よって、上に行くにしたがって、物量を集めないと成り立たない。

直納できる業者は高値で売却できるので、スクラップ屋はその位置に付きたがる。
上の例では、業者Bは30円の粗利であるが、これが業者Dの位置(直納問屋)になると、60円(=660円-600円)の粗利を手にできる。
が、直納問屋になるのは、そう簡単なことではない。
一定の条件があるためだ。

まず、扱う銅屑品質が高い(屑の知識がある)こと。
炉は精練専門であり、解体や分別をするところではない。
そのため、炉に納める銅(炉前)は、質が高い必要がある。

次に、高値になびかないこと。
他の炉や海外筋が高値で買うからといって、そちらへ出されて困るからだ。
他へ出されると、炉に入る銅量が不安定となり、銅の生産を安定させられない。
炉は、一旦稼動させると簡単に止めることができないため、継続して稼動させる(銅の安定生産)ことが重要なのだ。
そのため、他と比べて買値が悪くても、銅を納めてもらわねばならない。

同様の理由で、相場に左右されないこと。
銅相場が悪いといって炉に納めるのを、銅場が良くなるまで待たれては、安定した銅生産は不可能となる。
炉が第一に求めるのは、安定した銅の生産だ。
これができないと、精練済の銅を買ってくれる企業(工場などの生産者)の信用を失ってしまう。

直納できる業者の条件をまとめると、
「高値になびかず、相場に左右されず、他へ売らず(=裏切らず)」
という業者となる。

さらに付け加えると、物量が多いこと。
小口を相手にするほど炉は暇ではないし、小口を相手にしてしまうと、自分(炉)に納める直納問屋の仕入先を奪うことなってしまうため、直納問屋の反発を招くからだ。
このあたりは、昔は「口約束」的な部分が多かったが、今は「契約書」として交わされる。
規定量を納められなければ、ペナルティーが課せられることも。

稀に相場からして考えられない高い買取価格で買っている業者を見るが、これは規定量を集められない直納問屋か、それらから依頼を受けた下の業者である。
容易に手に入らない、「直納問屋」の地位。
ペナルティーを受けて信用を無くすくらいなら、損してでも規定量を集める方がいいという判断だ。
カネで信用は買えないというが、(以下略)

そんな買取価格は、規定量が集まったら、当然終了。
当然、物量の不足を補うのが目的だから、物量少の業者は相手をしない。

また、その値を持って「●●がこの値で買っているから同値で買ってくれ」と来る者もいるが、こちらはそんな「ワケありキャンペーン」とは関係ないし、合わせることもしない。

業界を見ていると、こんな小さな屑屋が直納?と疑問に思うことがあるが、それはほぼ例外なく「歴史のある業者」だろう。
曽祖父、祖父、父など、数代前から炉と取引のある業者だね。
互いに信用を重視するから、炉も集荷量が少ないからといって、直納問屋を切ることは少ない。
儲けよりも信用、そして長~い、お付き合い。
いかにも「日本らしい」というか、何と言うか。

雑品輸出過熱化の頃から海外勢が参戦。
雑品の価格低下に伴い落ち着いているものの、銅屑の集荷競争は続いている。

銅屑が末端から炉に向かう流れは不変だが、その間が大きく変わり、昔ほど利益が取れなくなった。
老舗の屑屋でも、上手くやらないと食えない時代が来ている。

まぁ、これは屑業に限った話ではなく、老舗旅館や老舗料亭も同じこと。
歴史だけではメシは食えない。

目次へ

の買取についての知識 - 目次
銅の物質的性質 銅の生産 (銅の製錬) 銅の「精錬」と「製錬」の違い 銅の利用とリサイクル 銅の特長とスクラップ 銅の相場 世界の銅取引市場 銅の建値(国内銅建値) 銅スクラップの輸出先 銅スクラップの分類と慣習 銅スクラップ業者の組合 銅スクラップ業界の「税別」「税込」表記 インターネット検索での銅スクラップ買取業者の探し方と注意点 銅スクラップ屋の看板 銅スクラップ屋の注意 (買取か無料回収か) 銅スクラップの盗難 戦前の故銅の規格と買値(1938年,昭和13年) 銅の生産量 (製錬銅) 銅の消費量 銅の埋蔵量と枯渇問題 銅スクラップからリサイクルされた銅の割合 銅の国内需要 銅とアルミニウム 高純度の銅 銅の合金 真鍮 銅の合金 砲金 銅の合金 白銅 銅の合金 洋白 銅の合金 モネル 銅の合金 丹銅 銅の合金 ベリリウム銅 銅の合金 アルミニウム青銅 銅の合金 クニフェ 銅の合金 コンスタンタン 銅の合金 ジュラルミン 銅を含むスクラップ「エアコン屑」 銅のリサイクル分類 銅スクラップの通信買取 銅スクラップの買取業者 (日本全国47都道府県) 銅及び銅合金スクラップの一例 銅及び銅合金リサイクル原料分類基準 仮定銅建値計算値 円相場(為替相場) スクラップ業者の場所と近隣との摩擦 金属関係の業界紙(新聞) 銅スクラップの販売先と炉(精練)までの流れ 屑屋は歴史が重要? 後継者不足に悩む屑屋と、その意外な解決方法 銅スクラップ屋の呼称「屑屋」「屑商」 銅スクラップ屋の重機(フォーク付きユンボ) 銅スクラップ屋の運送 銅スクラップを引き取りに来させる場合の注意事項 銅スクラップ業者の営業の移動手段 銅スクラップ業者の営業の持ち物 銅スクラップ屋の火災 銅スクラップ屋のホームページ 銅スクラップ屋の重量問題(風袋引,雨引) 

目次へ

代表的な銅スクラップと買取価格
ピカ線(ピカ銅) 二号銅 平角線 上銅 並銅 込銅 下銅 錫引線 エナメル銅線 赤釜 白釜 エアコンパイプ 銅ダライ粉 銅ナゲット 銅ブスバー 銅スラッジ 電線屑

目次へ

目次へ

ピカ線(ピカ銅)

ぴかせん(ぴかどう)
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
590 円/kg
ピカ線(ピカ銅) 買取り 価格 相場
「ピカ銅」「ピカ銅」「一号銅」「特号」「光線」とも呼ばれる銅線で、銅スクラップで...(続きを読む)

目次へ

二号銅

にごうどう
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
570 円/kg
二号銅 買取り 価格 相場
ピカ線に若干の劣化や焼けがあるもの。関西では「焼一号」関東では「B特」などと呼ば...(続きを読む)

目次へ

平角線

ひらかくせん
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
560 円/kg
平角線 買取り 価格 相場平角線 買取り 価格 相場
変圧器(トランス)の製造などに使用される、平たい銅。純美なものは上銅とすることが...(続きを読む)

目次へ

上銅

じょうどう
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
560 円/kg
上銅 買取り 価格 相場上銅 買取り 価格 相場
純美な銅スクラップ。新断、打抜屑などで使用されていないものは、特に「新切上銅」と...(続きを読む)

目次へ

並銅

なみどう
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
540 円/kg
並銅 買取り 価格 相場並銅 買取り 価格 相場
異物のない銅スクラップ。異物がある場合は込銅、程度によってはそれ以下とされる。...(続きを読む)

目次へ

込銅

こみどう
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
520 円/kg
込銅 買取り 価格 相場込銅 買取り 価格 相場
並銅に若干の異物が付いた銅スクラップ。異物にはメッキも含まれる。銅スクラップとし...(続きを読む)

目次へ

下銅

げどう
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
230 円/kg
下銅 買取り 価格 相場下銅 買取り 価格 相場
異物の多い銅スクラップ。下銅の幅は非常に広いので、名称だけでの値付けは不可能であ...(続きを読む)

目次へ

錫引線

すずびきせん
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
520 円/kg
錫引線 買取り 価格 相場錫引線 買取り 価格 相場
銅線に錫メッキされたもので「錫メッキ銅」とも呼ぶ。錫引線という分類を設けず、込銅...(続きを読む)

目次へ

エナメル銅線

えなめるどうせん
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
520 円/kg
エナメル銅線 買取り 価格 相場エナメル銅線 買取り 価格 相場
銅線にエナメル塗装がされているもの。色が銅とは異なり鮮やか過ぎるのだが、区別が付...(続きを読む)

目次へ

赤釜

あかがま
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
440 円/kg
赤釜 買取り 価格 相場赤釜 買取り 価格 相場
湯沸器の内部にある釜。異物が付いているため、込銅か、それ以下とすることが多い。...(続きを読む)

目次へ

白釜

しろがま
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
370 円/kg
白釜 買取り 価格 相場白釜 買取り 価格 相場
湯沸器の内部にある釜。赤釜にハンダや鉛メッキがされているため、銀色をしている。銅...(続きを読む)

目次へ

エアコンパイプ

えあこんぱいぷ
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
240 円/kg
エアコンパイプ 買取り 価格 相場エアコンパイプ 買取り 価格 相場
エアコンの配管で、断熱材が巻かれているもの。ナイフで断熱材を除去することにより、...(続きを読む)

目次へ

銅ダライ粉

どうだらいこ
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
現物次第
銅ダライ粉 買取り 価格 相場銅ダライ粉 買取り 価格 相場
銅の切削屑の類。切削を行う工場では他の金属も削っていることが多いため、異物の混入...(続きを読む)

目次へ

銅ナゲット

どうなげっと
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
現物次第
銅ナゲット 買取り 価格 相場銅ナゲット 買取り 価格 相場
電線を細かくカットし被覆を除去した銅粒で「赤ナゲット」とも呼ばれる。異物の混入度...(続きを読む)

目次へ

銅ブスバー

どうぶすばー
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
540 円/kg
変圧施設などで使用される、銅の厚板。メッキされているものは「メッキブスバー」と呼...(続きを読む)

目次へ

銅スラッジ

どうすらっじ
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
現物次第
銅の粉。溶解時のロスが大きく、水分を含むこともあって価値は低い。...(続きを読む)

目次へ

電線屑

でんせんくず
買取価格(参考仲間相場,税別,持込時)
2019年10月15日現在
現物次第
電線屑 買取り 価格 相場電線屑 買取り 価格 相場
「雑線」「廃電線」などと呼ばれる電線スクラップ。電気を流す部材であるため、電線内...(続きを読む)
スクラップ買取業者

上へ

LME銅相場
銅相場 5,745ドル
銅在庫 282,325トン
前日比 3,275トン減↓
ロンドン時間 2019年10月15日
LME銅相場の履歴

上へ

NY(COMEX,CME)銅相場
銅相場 5,724ドル
銅在庫 37,408トン
前日比 22トン増↑
NY銅相場の履歴

上へ

国内銅建値
2019年10月16日 67万円 (2万円上げ)
国内銅建値の履歴

上へ

参考仲間相場(持込時)
2019年10月15日時点
「仲間相場」というのは、スクラップ業者同士での売買価格(=トン単位の大量売買)ですので、一般の方とは異なります。 また、特定のスクラップ業者の買取価格ではありませんので、買取価格はそれぞれの業者様にご確認ください。
品名 税別 税込
590 637
560 605
540 583
520 562
510 551
470 508
360 389
100 108
50 54
40 43
40 43
120 130
290 313
450 486
120 130
200 216
280 302
150 162
140 151
100 108
160 173
140 151
110 119
80 86
90 97
20 22
0 0
30 32
140 151
60 65
50 54
50 54
40 43
20 22
220 238
50 54
720 778
420 454
150 162
2,410 2,603
720 778
40 43
120 130
140 151
1,530 1,652
1,390 1,501
1,440 1,555
1,160 1,253
610 659
1,390 1,501

上へ

スクラップ買取業者
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都
神奈川県
新潟県
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
愛知県
三重県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
広島県
岡山県
鳥取県
島根県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

上へ

ご注意
相場情報は独自の取得方法によるものであり、時差、タイムラグなども含め、公式発表とは差異がある。また、スクラップの分類、定義、条件、買取価格などは、スクラップ業者により異なる。よって、本サイトの内容は一切保証しない。

上へ



本サイトの内容は一切保証しない。
スクラップの分類や買取価格などは、必ずスクラップ業者に確認されたい。

最上部へ トップページへ
46